乾式造粒機

造粒手順

  1. 一般的な造粒:主に湿式造粒と乾式造粒に分けられ、いわゆる「湿式」は、造粒プロセス中に水または溶媒を必要とするバインダーであるため、造粒完了後に乾燥する必要があります。
  2. 「乾式」造粒により、水や溶媒を追加する必要がなくなるため、さらに乾燥する必要はありません。 (ただし、接着剤や潤滑剤を追加できます)
  3. 密度が非常に低いが比重が非常に低く流動性が悪い一部の原料は、乾式造粒によって改善でき、高い偽比重、高密度、良好な流動性を持つ原料または完成品になります。

特徴

1.乾式造粒:打錠、刻み、造粒の3つのプロセスは全体として設計されています。
2.水や溶媒を加える必要がないため、造粒後に安定した顆粒を得ることができます。
3.造粒では水を加える必要がないため、乾燥する必要がなく、造粒プロセスは比較的簡単です。
4.顆粒は非常に流動性が高く、カプセルに簡単に充填できます。
5.ふるい分け機を追加して、非常に細かい粒子をふるいにかけ、再び作ることができます。
6.オプションの自動ペレット供給装置を追加して、人手を削減できます。

該当する業界

医薬品バイオテクノロジー製品、化学農産物、食品エレクトロニクス顔料

製品関連のアイコン

ビデオ


関連する添付ファイル


元成機械乾式造粒元成機械サービス紹介

元成機械股份有限公司は、台湾、中国、日本で53年以上の経験を持つプロの乾式造粒バイオテクノロジー製薬機器メーカーであり、1967年に設立されました。製薬機械産業の分野では、 元成機械はプロフェッショナルな高品質の乾式造粒元成機械製造サービス、 元成機械は常に顧客のさまざまな品質要件を満たすことができます