乾式造粒機

造粒手順

  1. 一般造粒:主に湿式造粒と乾式造粒に分けられ、いわゆる「湿式造粒」とは、造粒時に水や溶剤を加える必要があるため、造粒後に乾燥させる必要があるバインダーです。
  2. 「乾式」造粒により、水や溶剤を加える必要がなくなるため、さらに乾燥する必要はありません。(ただし、接着剤や潤滑剤は追加できます)
  3. 密度が非常に緩いが、比重が非常に軽く、流動性が低い一部の原料は、乾式造粒によって改善でき、高い疑似比重、高密度、良好な流動性を持つ原料または完成品になります。

特徴

1.乾式造粒:粉末打錠、細断および全造粒の3つのプロセスが1つに設計されています。
2.水や溶剤を添加する必要がないため、造粒後も安定した顆粒が得られます。
3.造粒は水を加える必要がないため、乾燥する必要がなく、造粒プロセスは比較的簡単です。
4.得られた粒子は非常に流動性が高く、カプセルに簡単に充填できます。
5.オプションの選別機を追加して、細かすぎて再度造粒できない粒子を選別できます。
6.自動ペレット供給装置を追加して、人員を削減できます。

該当する業界

製薬バイオテクノロジー製品の顔料、化学農業製品、食品電子製品

製品関連のアイコン

ビデオ


別添


元成機械 乾式造粒機サービスの簡単な紹介

元成機械股份有限公司台湾、中国、日本は53年以上の経験を持つプロの乾式造粒機製造技術の製薬機器メーカーです。1967年に製薬機械業界の分野で設立されました。 元成機械プロの高品質の乾式造粒機の製造サービスを提供し、 元成機械 常にお客様のさまざまな品質要件を満たすことができます